3!

令和4年8月4日(木)〜8月8日(月)
午後7時〜

開催まであと...

本イベントは、青森県祭り・観光イベント新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを遵守して開催いたします。

ガイドラインはこちら

お知らせ

2022.05.24
シャトルバスはございません。自家用車でお越しの場合は、近隣の駐車場をご利用ください。
2022.05.24
新型コロナ感染症防止の観点から有料観覧席の用意はございません。
2022.05.24
今年度の立佞武多運行コースはショートコースを予定しております。コース詳細については後日お知らせいたします。

情報は随時更新予定!

「暫」 しばらく つる あき のり

歌舞伎十八番の一つに数えられる演目 「暫」 しばらく 。横暴な 公卿 くげ 清原武衛 きよはらのたけひら が、自らに反対する善良な 加茂次郎義綱 かもじろうよしつな らを捕え、処刑しようとしたその時、 鎌倉権五郎景政 かまくらごんごろうかげまさ が、「しばらく~」の一声で現れ、超人的な活躍で助け出し、 公卿 くげ とその家来たちの悪事を暴き 大見得 おおみえ を切る場面。江戸時代の初代市川團十郎以来、代々演じられてきた 「荒事」 あらごと を表現した。
東京オリンピック・パラリンピック開催の活況の中、世界に向け、五所川原立佞武多、そして日本の伝統文化をアピールする。

「金太郎」 きんたろう つる あき のり

おとぎ話で有名な金太郎は、五月人形としても人気で、気持ちの優しい、健やかな子どもに成長してほしいという願いが込められています。また、 こい の滝登りには「勢いが良いことの例え」や 「立身出世」 りっしんしゅっせ の意味があります。今年の祭りには、ぜひ、多くの子どもたちに参加してもらい、祭りの楽しさを体験してほしいと思います。

2021年 立佞武多 秋の陣